あまりにも強い寒気のため雪雲が山を越えてきた

西高東低の非常に強い冬型に加え、上空にかなり冷たい寒気が日本列島の上空を被ったため、各地で大雪になったと言うニュース。
太平洋側である名古屋や大阪、さらに四国でも雪の恐れとの予報が出ました。
普段ならば、山々にブロックされて太平洋側では雪は降らないはず。
という事は、その山をも雪雲がこえてきてしまうほど強力な寒気と言うわけです。
政府も緊急発表で不要不急の外出を控え大雪への備えを国民に呼びかけるなど、命に関わる問題として警告しています。
そういえば、東海道新幹線に乗っていると関ヶ原の辺りで雪が降りダイヤが大幅に乱れると言う事は冬になると意外とあったりします。
とどのつまり、関ヶ原の辺りは隔てる山が意外と低いため雪雲が山を越えやすいそうです。
一方で、関東地方はこのような状況にも関わらず快晴。
関東周辺の山は他の地域よりも標高が高く2,000メートル級が連なっているため店山を雪雲が超えるのが困難と言うことなのでしょう。
それでも北を眺めると一部の雲が山を越えてきて群馬県では風花が舞ったそうです。